嶋田佑紀公式Blog【おむすびとわたしと。】

わたしがひかりの種として伝えている「心がほどけるおむすび」から派生した話と、その活動に共感してくれた人たちで伝える「おいしい」の尊い力を綴っています。

MENU

心をむすび、心をほどく「心がほどけるおむすび」

こんにちは!
嶋田佑紀(しまだゆうき)と申します。


f:id:emo-lab:20180916103732j:plain

 

「心がほどけるおむすびの会」を主宰しています。

 

何それ?おむすびつくるの?食べるの?
そう思われた方も多いでしょうね(笑)

 

「おむすびを教えているんです」というと
決まってこんな答えが返ってきます。

 

「え!?おむすびを教えるの?つくれない人っているのー??」

 

実はそのくらい
おむすびって日本人にとっては馴染みのある食べ物。

 

f:id:emo-lab:20180916103310j:plain

 

良くも悪くも(笑)
おむすびにまつわる思い出って
みなさん1つや2つは持っていらっしゃることでしょう。

 

わたしにも過去大きく人生を変えた
おむすびとの出逢いがありました。

 

会社員としてバリバリ働いていた頃
同時に結婚したてのわたしは
新しい生活との両立に必死でした。

 

キャリアとしても一生懸命

妻としても一生懸命

 

常に緊張状態で
心もいっぱいいっぱいだったんだと思います。

 

そんな時にたまたま戴いた「おにぎり」

 

ほおばった瞬間
何故だか涙がとまりませんでした。

 

シンプルで素朴な
おにぎりという食べ物から
”そのままでいいんだよ”
そう言ってもらった気がしました。

 

あれから10年以上が経ち
わたしは二児の母となりました。

 

子どもにとって、家族にとって
心も体も喜ぶごはんをつくることって
大切だなぁ、と向き合えるようにもなりました。

 

縁あってお仕事でも料理に携わる毎日。

 

身体に良い食材や調味料を紹介したり
簡単で美味しくつくれる
忙しいママのためのレシピもたくさん書きました。

 

それでも。

 

あの時
おむすびからもらった特別な感覚を
超えるものはありませんでした。

 

赦し、というと大袈裟かもしれませんが
心の中で大きくなり始めていた
しこりのようなものが
綺麗に消え去ったあの瞬間は

 

わたしの中で色濃く
今でもありありと思い出せます。

 

 

 

 

同じように1番感動した料理に
”おにぎり”を挙げる友人がいたので

「おにぎりには何か特別な力があるのかも?」

そう思って
彼女が食べたおにぎりをむすんでいる方のところへ足を運び
食べさせてもらいました。

 

何も特別なつくり方があったわけでも
特別な塩を使っていたわけでもありません。

 

そこで気づいたんです。

 

【つくった人のエネルギーが”おいしい”を感じさせているんだ】

 

手のひらから伝わるその人の愛や気持ちが
おにぎりをおいしく
感動させ得るものにしているんです。

 

いかにつくり手の心が

ゆるんでいて

ほぐれていて

自由に整っているかが

大事なんだと実感した出来事でした。

 

それこそが【おむすび】たる所以だと、わたしは感じています。

 

だから”おいしいと感じるおむすび”は
食べた人と一緒につくった人の心も
ほどいてくれるんです。

 

形なんてこだわらなくていい。

 

食べて笑顔が生まれること

食べてホッとできることが

 

最大の美味しさだから。

 

 

f:id:emo-lab:20180916103455j:plain

 

 

実際にほろほろと柔らかい
自作のおむすびを食べたお客様が
「あぁ、これでいいんだー」
と、肩の荷がおりて笑顔になったとき

 

うん、うん、よかった、と
とても安堵感を覚えます。
同時にわたしが伝えたいことはこれだ!と確信しました。

 

レシピや料理を教えるよりも
この「心がほどけるおむすび」を知ってもらう方が

 

料理が好きな人はもちろん
料理に悩む人でも、忙しい人でも

【穏やかで愛にあふれた食卓にできるはず】

そう思ったんです。

 

気負うことなく日々、自分も家族も喜ばせることができる安心感。

そして、おいしいねーー、と共有できる幸せな時間がつくれる安心感。

たかがおむすびで、安心してごはんを食べられる幸せを感じられるんです。

 

それ以来、料理教室をやめ
「心がほどけるおむすびの会」
に集中することにしました。

 

おむすび=御結び

 

日本のソウルフード
字の通り
食べた人の魂を揺さぶります。

 

心と心を結び
家族の絆を深めてくれるもの。
自分と自分をつなぎ直してくれるもの。

 

つくる人、食べる人
どちらの心もほどき
安心や生きる力を与えてくれるもの。

 

むすべばむすぶほど
ほどけてくる

 

そんなおむすびを
ぜひみなさんと一緒に
むすんでいきたいと思っています。

 

f:id:emo-lab:20180916104107j:image

 

 

心がほどけるおむすびの会について

心がほどけるおむすびの会の開催スタイルは現在3つあります。

  1. 自宅レッスン(埼玉県所沢市)▷▷詳細はこちら
  2. 出張レッスン/ワークショップ(全国、海外可)▷▷詳細はこちら
  3. 個別宅へのマンツーマンレッスン▷▷詳細はこちら

 

その他団体様、企業様、学校法人様を対象とした
親子ワークショップやチームビルディング研修を承っています。

  1. 法人・団体主催者のお客様へ▷▷詳細はこちら

  

それぞれのスタイルを比較したい方へ
 心がほどけるおむすびの会 概要

 

 

f:id:emo-lab:20180916104433j:image

 

硬くギューっと閉ざされた心では
むすぶということができず、力を込めて握っているだけ。

食卓に並ぶ毎日のごはんも同じです。
いかにほぐれた心でつくるかが大切なの。

 

 

自炊しよう、食事を丁寧につくろう、と考えた時
食=栄養、と考えると苦しくなりますが
おむすびだとハードルが低いでしょう?♪

 

おむすびにはレシピはないし、調味料の調合もありません。
なのにおいしくて安心する味。
究極にシンプルな料理です。

 

「今まで食べたことがない!」と驚く人が多い
ほろほろで柔らかいこのおむすびを食べると
心のどこかが緩んで涙する人もいらっしゃるくらいです。

 

落ち込んで帰った時や
疲れて帰った時に食べたものの温かさ

がんばれ!応援してるからね、という
ごはんのエネルギーと癒し

それを自分へも
家族や大切な人達へも
毎日でも伝えられるようになるおむすびです

 

ぜひ1度体験しに来てくださいね。

 
 
最新レッスン情報
心がほどけるおむすびの会 ご案内ページ
 
いちばん大切な情報です