嶋田佑紀公式Blog【おむすびとわたしと。】

わたしがひかりの種として伝えている「心がほどけるおむすび」から派生した話と、その活動に共感してくれた人たちで伝える「おいしい」の尊い力を綴っています。

MENU

よし!よしっ!!よーーーーーーーぉし!!!!

ご訪問ありがとうございます。

嶋田佑紀(しまだゆうき)です。

 

今日は
2018年の4月に開催した「親子でむすぶ 心がほどけるおむすびの会」に参加してくれた当時5年生だったHくんのお話です。

 

f:id:emo-lab:20190419062446j:image

 

5年生なんて生意気真っ盛り!
なのにおむすび習いにくるって、絶対いい子に決まってるじゃん。

そんな思いがわたしにありました。

レッスン当日初めましてだったHくん。
話を聞くと
サッカーをかなり本気でやっているらしい。

俄然応援したくなったんだよね。
その本気度がしゃべらなくても伝わってきたし、しかもセンスありそうだった!←あくまで嶋田センサー 笑

 

レッスン当日のブログをみてもわかるように
わたしが体育大学出身でそこそこ知識あるっていうのもあって
かなり熱弁ふるった記憶がある(面倒くさいおばさんになってなかったか心配ww)

 

しかも後日
なんと怪我の真っ最中でメンタルどどーーーん⤵︎の時だったというのを知り。

 

なんかもう
そんな時に、しかも「おむすび」習いにくるって
どんだけ「肝」のわかってる賢い子なんだ!!!って
さらに感動して感激してわたしはHくんの「大」ファンになったわけです。

 

 

そんな時にHくんを連れてきたお母さんはというと

実はイベントや5月にスタートする子どもキッチンプログラム
サポートに入ってもらえるほど
心がほどけるおむすびが生活に定着している方。

彼女のむすぶおむすび(Hくんもむすんでいるようだけど)はHくんの勝ちメシになっています。

 

さらに彼女はKiitosという子育て支援を行なっている起業家さんでもあり子育てのプロ。
嶋田ブラザーズ(あ、我が子ね)も大っ変(!!) お世話になっています。

おむすびをむすび続けてくれている様子や、嶋田ブラザーズへの接し方、Hくんを育てている姿勢をみて、わたしは彼女に絶大な信頼を寄せております。

 

 

そんな彼女の息子Hくんが
この度なんと、なんとなーーーーーんと!!!

 

U-12埼玉代表に選ばれました!!!!!!

 

f:id:emo-lab:20190418201807j:image

 

ぃよぉぉぉぉぉぉぉし!!!!

と拳を握ったわたし。

 

 

わたしは高校時代、ソフトボール部に所属していて
全国大会や海外遠征を経験しています。

晴れの地を踏めまでの苦しさも葛藤も
そして上には上がいる挫折もそこそこ味わっているつもりです。

上へ挑み続けることは本当に大変なんです。

 

そして
ソフトボールよりサッカーの方が断然分母が多いわけだから
その努力やセンスというのは、ほんっとうにすごいこと!

 

その努力がひとつ、実ったことが本当に嬉しかった。

 

 

そしてね
母である彼女の育て方があってのことはもちろんなのですが

彼女やHくん自身がむすび、食べてきた「おむすび」が
ただお腹をふくらますためのごはんじゃないってことが証明されたようですごくすごく嬉しかった!

イチローのヒット3089本の裏には
奥様がむすんだ2800個のおむすびがあったしね。

>> イチローの引退会見と合わせて書いたブログはこちら

 

通過点のひとつとして1つ結果を出せたこと
息子の勝ちメシと信じてむすび続けてくれたことがすごくすごく嬉しいかったです。
わたしのセンサーがイイ線いっているのも嬉しい 笑

 

わたしはね
心がほどけるおむすびを伝えることはできても
その人のおうちへ行ってむすび続けてあげることはできないのです。

そして
例えばわたしがむすんでお弁当屋さんになって届けたのを食べたとしても
その子その人が必要とするエネルギーやパワーを補給し続けることはできない気がします。←だからお弁当屋さんはやらないの 

 

むすび続けてほしくても
やっぱり、強制はできないですしね。

 

 

目に見えないし、栄養素みたいに説明できるようなものじゃないけれど

自分の、我が子の
エネルギー補給やパワー変換されることを信じて
なんだかわからないけど「ものすごい土台を支える力になる」と信じてむすび続けてほしい、と切に切に願っているんです。

 

 

今回、形として見せてもらえたことがほんとうに嬉しいです。

 

f:id:emo-lab:20190418204621j:image

お母さんである彼女から聞いてリアルに泣いたわたし。笑

 

習いにきてくれたHくんも
息子を連れてきてあれからずっとむすび続けたお母さんである彼女も
ほんとうにほんとうにほんっとーーーに偉い!!!!!!

 

ありがとう。ありがとう。

ずっとずっと応援するよーーーー!!!!!

 

 

 

プロフィールサービス一覧メールレター
心がほどけるおむすびお客様の声お問い合わせ

 

   

 

【お客様の声】リピートで行ってきた。そして、きっとまた行く。笑

ご訪問ありがとうございます。

嶋田佑紀(しまだゆうき)です。

 

新学期がはじまり
小学生のママさんはまだまだお忙しい時期にも関わらず4名の方が参加してくださいました。

 

うち2名の方がリピーターさんです。

 

 

おひとりはなんと
初めて「おむすびの会」を開いた時に参加してくださった中澤麻由美さん

2016年のことなので、、、、あれから3年弱。

 

ご自身もお料理を提供するお仕事をされていらっしゃいます。

f:id:emo-lab:20190418190646j:image

 

 

そしてもう一方は
2018年夏にお越しくださった 湯瀬愁子さん

今回掲載するお写真はすべて愁子さんが撮ってくださりご提供くださいました♡

f:id:emo-lab:20190418190700j:image 

 愁子さんの写真だけわたし・・レベルの差がww

 

Facebookにこんなご感想を書いてくださいました。

f:id:emo-lab:20190418190712j:image 

 

 そうなんです。
わたし的には、実はリピーターさんほど受けて頂きたいのですよ、このレッスン。

 

初回は衝撃を受けて、感動して帰る。
そして家でやってみて、改めてここで腑に落ちるし、整う。

そんなふうに愁子さんがレッスン中におっしゃってくれて。

 

 

わたしが伝えている心がほどけるおむすびの会やおむすびそのものは

イベントではなく学びであり
娯楽でなく投資であってほしいのです。

愁子さんに伝わったことが
そこに通じていてとても嬉しかったです。

 

  

そしてとっても明るくて実はすごく繊細な優しさをもつさわさん

f:id:emo-lab:20190418190636j:image

 初めてのおむすびにとても丁寧に臨んでいた姿が印象的でした。
すっごく賑やかだったけど!笑

 

 

嬉しそうな表情♡

わたしも思わずつられました 笑

f:id:emo-lab:20190418190753j:image

 

 

そしてあっちゃんこと中村敦子さん

f:id:emo-lab:20190418190802j:image

この写真ね
多分わたしに「ほら、握っちゃってる!無意識やろ?!」

みたいなことを突っ込まれているのに笑っているあっちゃん
という写真だと思われます 笑

 

f:id:emo-lab:20190418190820j:image

自分の無意識の部分を知れて楽しかった

って書いてあるね。

 

 

そうなんです。
おむすび、本当に深くて。

  • 自分をどう扱っているか
  • 自分をどう思っているのか

バレてしまうんですね。

 

自分への手のかけ方って
1日2日じゃどうにもならないし
癖も習慣もあるから。

 

しかも難しいことやってないから無意識が出ちゃうんだろうな。

おむすびを毎日毎日結んでんいる人と
いやになっちゃう人の差は
結構大きいです。←嶋田調べですけどね。

 

f:id:emo-lab:20190418190905j:image

それにしてもわたしもだいぶゆるい表情ができるようになったなぁと
愁子さんに頂いた写真をみて感じました。

 

それもまた、おむすびのおかげです。

愁子さん素敵なショットをありがとう♡

 

 

=================

ご興味ある方は
開催リクエストやお客様の声など
こちらからご覧になってみてくださいね。

>> 心をむすぶ、心をほどく「心がほどけるおむすび」

 

 

 

 

プロフィールサービス一覧メールレター
心がほどけるおむすびお客様の声お問い合わせ

 

   

 

【ひかりの種PJT】食器がフルセット揃いましたーーーー!!!

ご訪問ありがとうございます。

嶋田佑紀(しまだゆうき)です。

 

 みてください、この食器の山!!!!

f:id:emo-lab:20190414174558j:image

  • おぼん 27枚
  • 大皿 4枚
  • 小皿 3種類 トータル48枚
  • ガラスの小鉢 16個
  • お椀 27個
  • グラス 8個
  • おたま 4本
  • ゲタ 16個
  • サーモスのポット 4個
  • 冷たい飲み物用ポット 3個

 

これは全て
5月5日からはじまる《森と畑の子どもキッチン〜コックさんになるための7日間&ワンデイカフェ》で使うための食器です。

 

え?嶋田さん?!買ったの?!

 

いえいえいえいえいえ!

 

ご縁の杜Goen no Mori〜人生に変化が起る宿〜の創業者であり女将さんを務める深澤里奈子さんから
子どもキッチンプログラムへ寄付して頂きました!!!!

 

f:id:emo-lab:20190414173941j:plain

女将さんですがとても気さくな方です


ご縁の杜で眠っていた食器達をかしてくださることになり
湯河原へ伺い、選別させて頂き

翌日(子どもキッチンプログラム参加予定の)息子と一緒に
洗ったり、拭いたり、数えたり、、、、

 

ほこりをかぶっていた食器を丁寧に洗うとね
愛おしさが湧いてくるの。

 

まだまだ綺麗なのよ。

まだまだ活躍できるでしょ。

 

って声が聞こえてくるくらい
食器達が息を吹き返して活き活きしていました!

 

ご縁の杜になる前の「料亭小宿ふかざわ」で大切に使われてきた食器たち。
お客様をもてなしてきた食器達だもの。

エネルギー高いのは当たり前です。
おいしい料理を、まとってきたもんね。

 

ぜひ、子ども達にも力をかしてほしい!って思います。

 

 

わたしにとって
食器にこだわれるというのはとてもとても嬉しいことなんです。

 

予算や片付けの都合で
紙皿にするか、とか

運びやすいプラスチックにするか、とか

考えはよぎりました。

 

でもね。

 

良い悪いの話ではなくて
100円ショップの食器と
料亭で使われるレベルの陶器としてうまれた食器では
やっぱり手にした時に感じるもの、食べる時に感じるものが異なります。

 

わたしは温もりのある陶器が好きです。

 

そして重みもある陶器だと緊張感もうまれます。
風情もあるし、盛り付けた時の気持ちも全然違うというのは
わたし自身も感じていることです。

 

陶器を使って子ども達が大人をおもてなしができる
というのは
本当に貴重な素晴らしい経験になるんじゃないかな、と思います。

 

なかなか家で子どもに陶器を扱わせるのは勇気がいりますし!笑

 

 

 

いやー、、、、それにしても大変でした!!!

 

こうして準備してみると
飲食店をオープンするって
すごいエネルギーが(そしてお金も)いることですね。

f:id:emo-lab:20190414174638j:image
f:id:emo-lab:20190414174642j:image

 

ひたすらもくもくと
洗う、すすぐ、拭く、洗う、すすぐ、拭く、、、、

息子も「大変だーーー!」「疲れる〜〜」と言いながらも
ネガティブな発言は一切なく、手を動かしてくれました。

 

我が子ながら集中力もさすが。

 

終わってからいつもなら
「(お手伝いの)星シールいくつ?」と聞いてくるけれど
今日は自分も参加する子どもキッチンの食器だから、と
星いくつ?は聞いてきませんでした。

 

思わずふたりで
やったー♡ってハイタッチ&ハグしちゃったもんね。笑

 

わたしにもすごくよい経験になりました。

 

 

りなさん、本当にありがとうございます。

大切に使わせていただきます。

 

 

ワンデイカフェにいらっしゃる皆さんも
ぜひ楽しみにしてくださいね。

味のある食器でおもてなしさせて頂きます^^

 

 

 

 

プロフィールサービス一覧メールレター
心がほどけるおむすびお客様の声お問い合わせ

 

   

 

【お客様の声】家族みんなでおむすび、むすぼ!たべよ!

ご訪問ありがとうございます。

嶋田佑紀(しまだゆうき)です。

 

春休みの真っ只中
ご家族みんなで心がほどけるおむすびをむすびたい、ということで
ご自宅へ伺わせていただきました。

 

今回参加してくださったのは
奥様、旦那様、小学校3年生になる娘さん、年長になる娘さんの4名。

 

残念ながらお写真掲載できないのですが
家族で順番にむすんで
たべっこして
感想伝え合って。

 

ただそれだけのことなんですが
平和で微笑ましくていいなぁってすごく感じました。

豊かさの原点って、こういうことだよなーって。

 

f:id:emo-lab:20190411155840j:image

 

 

実は奥様
心がほどけるおむすびの会へすでに参加したことがある方だったので
毎朝、ご主人のお昼用におむすびをむすんでいらして。

 

それを知っていて
旦那様はご自分でむすんで食べるっていうのを体験した今回。

 

自分でむすんでみると
妻のようにふっくらしないし

食べてみたら
塩梅も違うし
具のバランスも違うし。

 

ご自身がむすんだおむすびを召し上がって

あ、おいしいおむすびって意外と難しいんだな、って感じると思うのです。 

 

「むすんでもらった方が、うまいですね」
とおっしゃっていました。 笑

 

そして奥様もまた
夫のそんな言葉や様子を見て感じて、さらなる進化を遂げました。

褒められれば
やっぱり「より良く」と力が入ってしまうものですから♡

 

より良くって
決して形がきれい、ってことではないんですよね。

見た目がきれいになる、ということではない。

 

どうしようとしている自分がいるのか
どうすると抜けるのか
どこに力が入ってしまうのか(癖)を知ることで
おむすびをむすぶことが瞑想のようになっていって
癖のないおむすびがつくれるようになります。

 

そういう意味では
子どもは考えてむすんでいませんから
脱力具合=ほどけ具合は上手(うわて)。

 

それを親は目の前で感じるわけですね。

なんでそんなリズムよくできるのー?
出来上がりの形、見た目より大切なことがあるよなー・・・

子どもが素直にむすんでいる姿を見て
大人はいろいろ感じると思います。

 

いつもすごい、かっこいいお父さんなんだけど。
おむすび(=おいしいものをつくれる力)に関しては
力関係が変わったりします。

 

実はマンツーマン個別レッスンというのは
所沢レッスンの日程の合わない方はもちろんですが
「家族でむすんでみたい」という方に受けて頂きたいなとも思っています。

なので今回
ご主人も一緒にむすんでくださったことはとても嬉しかったです。

 

子ども達の方が上手だったり
妻への感謝だったりを
素直に表現したり、素直に楽しめる旦那様はすごく素敵だと思います。

 

 

f:id:emo-lab:20190411155856j:image

 

旦那様にカフェオレを入れて頂きました。めっちゃおいしかったーーーーー!

休日にこれ入れてくれたら幸せだわ〜。
うちの夫に教えてほしい。笑

 

 

 

 

プロフィールサービス一覧メールレター
心がほどけるおむすびお客様の声お問い合わせ